HISTORY歴史

「おもしろくて、ためになる」を
世の中に広めつづけてきた講談社。
そのブランドイメージを形づくった
出来事を振り返ります。

1878(明治11)
創業者・野間清治生まれる。
1909(明治42)
初代社長・野間清治、「大日本雄弁会」を設立。
1911(明治44)
講談社を起こす。「講談倶楽部」創刊。
1916(大正5)
雑誌「面白倶楽部」創刊。「発刊の辞」にこんな言葉が。
「面白い。――これは天上の星。
為になる。――これは地中の塩。」(野間清治)
この「おもしろくて、ためになる」というキャッチフレーズは、今に至るまで講談社の一貫した編集方針となっている。
1923(大正12)
関東大震災。『大正大震災大火災』刊行。
1925(大正14)
社名を「大日本雄弁会講談社」と改称。
「幼年倶楽部」創刊。それまでに創刊されていた「雄弁」「講談倶楽部」「少年倶楽部」「面白倶楽部」「婦人倶楽部」「現代」「少女倶楽部」「キング」と合わせ、初期の9雑誌が揃った。昭和前期にかけ、講談社の発行する雑誌の部数が日本全体の雑誌の総部数の7割を占めたという。「雑誌といえば講談社」の時代だった。
1934(昭和9)
東京都文京区音羽の本社社屋竣工。
1936(昭和11)
「講談社の絵本」発刊。
1941(昭和16)
太平洋戦争開戦。戦時中は、業界トップであった必然として、軍の要請に沿った出版物を広める役割を担うという、苦い経験もあった。
1958(昭和33)
社名を、現在まで続く「株式会社講談社」と改称。
1959(昭和34)
創業50周年。『週刊現代』『週刊少年マガジン』創刊。経済復興とともに雑誌や本の数々で力強く大衆の心をとらえ、昭和40年代頃には「週刊誌時代・マンガ時代」と言われるような社会状況を作り出すことになる。
1962(昭和37)
フランクフルト国際書籍見本市に初めて参加。
1963(昭和38)
講談社インターナショナル設立。
1964(昭和39)
「講談社現代新書」発刊。
1966(昭和41)
「吉川英治全集」刊行開始。
1967(昭和42)
吉川英治文学賞創設。
1971(昭和46)
「講談社文庫」発刊。
1977(昭和52)
講談社漫画賞創設。
1979(昭和54)
創業70周年。講談社ノンフィクション賞創設。
1981(昭和56)
「with」創刊。
『窓ぎわのトットちゃん』刊行。現在までの発行部数は累計800万部超(全世界シリーズ累計2371万部)で、日本最高記録となっている。
1983(昭和58)
「ViVi」創刊。
東京ディズニーランドに「ミッキーマウス・レビュー」を提供。
1985(昭和60)
「科学万博 - つくば'85」に「講談社ブレインハウス」を開設。
1989(平成元)
創業80周年。「講談社大博覧会」開催。
1996(平成8)
東京ディズニーランドに「トゥーンタウン」を提供。
1997(平成9)
「週刊少年マガジン」8月20・27日合併号の発行部数が440万部となる。これが「マガジン」史上最高部数。
1999(平成11)
創業90周年記念事業「全国訪問おはなし隊」キャラバンスタート。
2001(平成13)
東京ディズニーシーに「ポルト・パラディーゾ・ウォーターカーニバル」を提供。
2002(平成14)
戦後初の赤字決算。「出版不況」本格化。
2005(平成17)
講談社(北京)文化有限公司設立。
2009(平成21)
創業100周年。
2010(平成22)
講談社初の電子書籍『死ねばいいのに』(京極夏彦)刊行。
2011(平成23)
野間省伸、第7代社長に就任。
2016(平成28)
米国進出50周年。
2019(令和元)
『進撃の巨人』、全世界で累計発行部数1億部を突破。
2020(令和2)
今世紀最高利益を達成。